顔の肌の血色を良くするメイクの方法!誰でも簡単なやり方は?

 

顔の血色は、鉄分の多い食事を取ったり、お風呂にゆっくりつかって血行をよくしたりなどの根本的な方法もありますが、それでもなかなか顔色がよくならないという方もいらっしゃるかと思います。

 

そんな方は、顔の血色を良く見せるようなメイク術がオススメです。

 

ですのでここでは、顔の肌の血色を良くするための誰でもできるメイク術について紹介します。

 

 

★肌に合ったコントロールカラーを使おう!

 

顔の肌の血色を良くするメイクをするときに重要なのが、自分の肌の色に合った「コントロールカラー」です。

 

コントロールカラーは、化粧下地の一つで、肌の色を補正してくれます。

 

 

種類としては「全体に使う用」と「部分的に使う用」の2種類があります。

 

 

全体に使う用はテクスチャーが緩めになっています。

 

化粧下地としても使うことができて、肌をキレイに演出することができるのでとても便利です。

 

 

また、部分的に使う用は、テクスチャーが硬めになっています。

 

 

 

【青白い顔色の方】
顔色が青白い方は、ピンク色系のコントロールカラーを使うといいですよ。

 

顔全体用のコントロールカラーを使えば、血色のよい顔色を演出してくれるので、明るく健康的な印象にしてくれます。

 

 

【土気色(つちけいろ)の顔色の方】

 

顔色が土気色の方は、紫色系のコントロールカラーを使うといいですよ。

 

顔全体に使うと、肌のくすみを消して肌の透明感を出してくれます。

 

 

【赤い顔色の方】

 

顔色の赤みが強い方は、緑色系のコントロールカラーを使うといいですよ。

 

赤みが気になるところに部分使いをして、全体的にキレイになるように仕上げていきましょう。

 

小鼻の赤みが気になる方、ニキビ痕の赤みにも、緑色系はぴったりです。

 

ただ、塗りすぎてしまうとその部分が白っぽくなってしまうので気をつけてください。

 

また、赤みが少し気になる程度なら、黄色系がオススメです。

 

 

 

 

肌トラブルが複数あるという方は、部分使い用を使い分けるといいですよ。

 

上記を参考にしながら、顔色全体の印象に注意して仕上げていきましょう!

 

 

★チークでさらに血色を良く演出しよう!

 

チークを上手に使うことで、血色の良さを演出することができます。

 

自分の肌に合った色選びが大切ですが、血色を良く見せるなら「ピンク系」「ローズ系」のチークがキレイに決まりやすいのでおすすめです。

 

ただ、オレンジ系のチークは、肌にくすみ感が出てしまったり、土気色っぽくなってしまうので気をつけてください。

 

 

また、チークを入れる場所にも注意が必要です。

 

チークを入れる時は、頬の一番高い場所にいれるというのが一般的なんですが、その場所よりも少し上に入れることで、若わかしい印象を演出することができます。

 

また、肌のくすみがある方は、パールやラメなどの光りを利用することで明るい印象にすることができます。

 

 

★フェイスパウダーも上手に利用しよう!

 

自然な血色のよい肌にしたい場合には、ピンク系のパウダーを使うのもオススメです。

 

午後のお疲れ肌に効果的なのがパール配合のフェイスパウダー!

 

化粧直しに利用することで、パールの輝きがお疲れ肌を隠してくれますよ。

 

 

★ルージュの色も顔色に影響します!

 

血色の良い顔メイクとして、ルージュ選びも大切です。

 

赤みがかったクリアなリップグロスを使うと、血色のよい唇に演出しやすいです。

 

真っ赤なルージュは、人によっては老け顔になってしまうこともあるので使い方に気をつけましょう!

 

 

★顔の血色を良くするメイクのまとめ!

 

顔の血色を良くするメイクは、自分の肌の色に合ったものを見つけることが大切。

 

コントロールカラー、フェイスパウダー、チーク、口紅(リップグロス)の4つを、アナタの肌の色に合わせて使い分けられるようになると簡単にできます。

 

最初は、色々と試して使う必要があるかもしれませんが、自分に合ったものは使ってみないと分からないので、このページのポイント・注意点を参考にして、血色の良い顔メイクに挑戦してみてくださいね。

 

 

使うだけで血色のよい薔薇色肌に!
美容成分85%!オーガニック比率98.5%の
天然100%の顔用オーガニック日焼け止め!
血色を良く見せるその秘密とは?
今なら返金保証付き!
↓↓詳細はこちら↓↓